データ入稿サポート

名刺データ製作のたすけに


写真画像について

写真画像について『画像解像度』は、《イメージメニュー/画像解像度》で設定します。解像度の高い画像は同じ寸法の中にたくさんの『ピクセル』が並ぶので滑らかで細かい表現が可能になります。しかし印刷には最適な解像度というものがあり、印刷できる最小の点にも限度があります。解像度をむやみに高くするとデータ容量が重くなるばかりで、ある一定以上の変化はおこりません。逆に低すぎると容量は軽いのですが、一番上の画像のようにピクセルがはっきり見え、いわゆる画像が荒いという状態になってしまいます。

そこで画像は印刷に適した解像度『350pixel/inch』に設定するようにしてください。

画像のサイズと角度は、実際に印刷されるサイズと同じ大きさ、同じ角度に設定して下さい。イラストレータ上での画像拡大・縮小また回転はデータの情報量を増やし、解像度の低下、出力時の画質の劣化、バグなどを引き起こす原因になりますので仕上がりを想定した画像作成をして下さい。 断ち落としのサイズを設定する時は、塗り足しを含めたサイズにすることを忘れないようにして下さい。

レイヤーについて『レイヤー』は、画像をコラージュしたりするのに大変便利な機能ですが、そのままで出力をすると、使っているバージョンなどによってはレイヤー部分が消えてしまう場合もあります。《ウインドウメニュー/レイヤー》を開いて必ず統合し、ウインドウ内が『背景』のみになっている状態にして下さい。背景以外の名前で一枚のみでもレイヤー扱いになりますので注意して下さい。

画像を保存する。《ファイルメニュー/別名で保存》を開き、保存形式を必ず『Photoshop EPS』にして下さい。画像をこの形式で保存すると、イラストレータに配置した際に、画像が荒く見え、ポストスクリプト非対応のプリンタですと、画面表示が印刷されるため、あれたままプリントされますが、印刷時は画面表示ではなく、画像データそのものを出力しますので、印刷結果には全く問題ありません。「保存」と「カラー」のチェック欄は全て外した状態で保存をクリックして下さい。

最後にEPSオプションはプレビューがMacは『Macintosh(8bit/pixel)』Winは『TIFF(8bit/pixel)』にし、エンコーディングは『バイナリ』にして下さい。こちらもチェックは全て外して下さい。 プロファイルの設定は当社の印刷には反映いたしませんので、使用しないようにしてください。

初めてデータ入稿される方はご覧ください

安心且つ、スムーズにデータのご入稿をして頂くために、データ入稿前のご注意点・ご確認点とお役立ち情報を項目別にご紹介しています。

きれい名刺Q&Aのページもあわせてご覧ください。


きれい名刺サブメニュー

ご注文フォーム
新規注文・リピート注文共にこちらから

無料サンプルプレゼント/実物を手にとってお試しください

営業カレンダー

赤字は当社休業日

営業時間 9:00〜17:00

会社情報

シリアル株式会社
〒395-0151
長野県飯田市北方1955-1
Tel. 0120-817-023
Fax. 0120-817-093
http://www.kirei-meishi.com